塗り替え時期の目安

塗り替え時期の目安

塗り替え時期の目安 外壁部分について

塗り替え時期の目安 外壁部分について

チョーキング

01

チョーキング

外壁塗装に生じるチョーキングとは、
「塗装の白亜化」とも言い、
外壁塗装の塗膜が紫外線と
水によって加水分解され、
外壁の表面にチョークの粉のようになって
出てきてしまうことを指します。

02

退色・変色

塗料が含む樹脂の劣化により、塗装の色が
変化することを
変色と呼びます。塗料が含む顔料の変化による
劣化現象を退色と呼びます。
これらの代表的な原因として、
太陽光による紫外線、
酸性雨などが挙げられます。

退色・変色
塗膜の膨れ

03

塗膜の膨れ

外壁塗装面に生じる塗膜の膨れは、外壁クラックからの
浸水や
溶剤系塗料が完全に乾燥していない状態での
上塗りを行ったり、
下塗り材がしっかり塗れていなかった
場合等に起こります。

04

塗膜の剥離

「剥離(はくり)」とは、塗装された塗膜が外壁の下地との
密着性を失い剥がれた状態を指します。
老朽化や施工の処理過程などにより発生することがあります。
剥離によって建物の美観を大きく損ねたり、
腐食や雨漏りの原因になったりもします。

塗膜の剥離
カビ・コケの発生

05

カビ・コケの発生

発生しやすい場所として、
日当たりの悪い場所、リシン壁、スタッコ壁、
外壁周辺の湿度が高い場所、植物の多い場所などが挙げられます。
また、外壁塗料に含まれている防カビ剤の効果が薄れてきてしまっていると、外壁のカビやコケ発生に繋がる原因となります。

06

ヘアクラックや
クラックが生じている

細かくひび割れている状態のことをヘアクラックと呼びます。
クラックとはひび割れのことを指します。
クラックの発生時は、
チョーキングとは異なり、
迅速な補修が必要となります。
とりわけ、クラックが3mm以上ある場合や、
水平方向にクラックがある場合は注意する必要があります。

ヘアクラックやクラックが生じている
シーリングの破断

07

シーリングの破断

シーリングの破断、接着破壊は、自然条件における
建物の動きや
接着基材の経年劣化・充填不足・
シーリング用プライマー有無に
よって生じます。
シーリング部分の劣化状態によって補修方法を
検討する
必要があります。

08

エフロレッセンスの発生

雨水がコンクリートの継ぎ目部分などから侵入し、
モルタル中の水溶性物質(水酸化カルシウム)と混ざり合い、
ひび割れから染み出し空気中の炭酸ガスとの反応によって
白く盛り上がった状態で硬化する現象をエフロレッセンスと呼びます。

エフロレッセンスの発生
外壁材の欠損・爆裂

09

外壁材の欠損・爆裂

外壁に生じる欠損は、主に外部からの衝撃・熱伸縮が
原因で生じる
物理的な欠けや割れのことを指していいます。
爆裂とは、鉄筋コンクリートの鉄筋が錆びて膨張することで
表面のコンクリートを押し出す現象のことをいいます。

他社見積もり中でもOK!! 無料!!最短10秒スピードチェック

他社見積もり中でもOK!! 無料!!最短10秒スピードチェック

たった3STEP、完全無料で
外壁塗装の相場をご案内いたします!!

ご案内3STEP

ご案内3STEP

外壁塗装相場を確認

外壁塗装相場を確認

1
2
3
4
ご入力いただいたからといって必ずご契約いただくということはございません。
しつこい訪問や営業の電話は一切いたしません。
5
チェックを送信する
チェックを送信する

塗り替え時期の目安 外壁部分について

塗り替え時期の目安 外壁部分について

前回の外壁塗装の工事に使用された塗料の種類で、
塗り替える時期が大きく異なります。
そのため、外壁を同時期に塗り替えた場合、
耐久性の低い塗料よりも
塗り替えの回数が少なくて済みます。
ただし、耐久性の高い塗料はその分高価なものとなっています。

ウレタン塗料の場合の外壁塗り替え時期

ウレタン塗料の場合の外壁塗り替え時期

シリコン塗料の場合の外壁塗り替え時期

シリコン塗料の場合の外壁塗り替え時期

フッ素系塗料の場合の外壁塗り替え時期

フッ素系塗料の場合の外壁塗り替え時期

【塗り替え時期の目安】は
前回の塗装で使用した塗料を目安に
考えることができます。

外壁を再塗装する時期の基準は、現時点で使用している
塗料の性質、建物を取り巻く環境などによって異なります。
通常の塗料(合成樹脂配合塗料)を使用して木部や鉄部などを
塗装しているのであれば、再塗装までの目安期間としては
3~5年となります。
アクリル系の塗料(溶剤系アクリル、水性アクリル、
アクリル単層弾性塗料)
で塗装しているのであれば、
再塗装までの目安期間を6~10年で考えていただけますと、
家の耐久性を保つことができます。
また、ウレタン塗料(水性ウレタン塗料、溶剤系ウレタン塗料)
であれば、8年~12年が再塗装までの目安期間
として推奨されています。
ただ、屋根や鉄部・木部は外壁面と比較して約30%も
劣化速度が早いため、注意が必要となります。
短期間での工事はコストパフォーマンスを鑑みても、
お客様の経済的負担が大きいため推奨できません。
こうした課題により、多くのお客様から長持ちする塗料を
求められる声があり、最近ではシリコン系塗料や
ラジカル制御
(ハルスハイブリッド)塗料、フッ素系塗料、無機系塗料、
光触媒塗料など、耐久性に優れた塗料が広く普及しています。
そのため、耐久性に優れた塗料での塗り替え工事を行うことで
塗料の寿命を長くすることができ、塗り替え工事にかかる
コストパフォーマンスの大幅な向上が見込まれます。

当社ではエアコンクリーニングも行っています

塗装用塗料買取致します。
一度、お問い合わせください!

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください!

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください!

外壁塗装の深い知識と豊富な経験から、
安心で安全な暮らしの実現のために、
最良なご提案をさせていただきます。
まずはお気軽にご相談ください!

株式会社N.P.A

株式会社N.P.A

〒558-0051 大阪市住吉区東粉浜2丁目8-16 三界庵3F

06-6671-5503

お問い合わせフォームはコチラ

お問い合わせフォームはコチラ